マインド

儲かる仕組みを「創る」ことを意識しよう

今回はビジネス的マインドについて解説しようと思います。

ビジネスにおいて重要なことは、いかにして作業をシンプルにし、かつ継続的に収益を生み出す仕組みを形成できるかが儲かるかなめになります。

継続的に収益を得るために毎度莫大な作業をしなければならないものや、単発でしか収益を得ることができないものはビジネス、また副業には向いていませんしそもそも長くは続きません。

「創る」の定義とは

創るとは

創るは常用外の読み方ですが、やはり「つくる」と発音します。大まかな意味としては、「作る」や「造る」と同じく、ある物を生み出す際に使います。

創るという表記を用いるのは、作るや造るとは違い、場合がかなり限られます。すなわち、何か新しいモノやコトを生み出す時に使うことが一般的です。

例えば、「創作料理」などと言うように、これまでなかった料理を案出した際には、「創る」の表記が用いられます。料理などの実際に存在するものだけでなく、言葉やアイデアなど、無形のものに対しても使われます。

ここでいう「創る」はビジネスにおいての話です。

 

「作る」というのは作業的で、すでにあるものを同じように作り出すときに使います。

しかし、副業において他の人が既に作ったものと全く同じものを作り上げても二番煎じ(にばんせんじ)でしかなく、儲かりません。

あなたにしか作れないものを創造して、初めてそれに価値が生まれます。

 

作業方法や仕組みそのものをパクる意味でシステムを作るのは間違いではないです。

しかし、システムを作ったうえでどんなコンテンツを売るかはパクってはいけません。

そこを創り上げなければいけません。

 

例えばPayPayやメルカリ、Youtubeといったサービスが初めて市場に出たとき、これらの創業者は新しいビジネスモデルを「創った」と言えます。

新しいビジネスモデルを創れる人は当然起業家に向いていますし、その道に進むべきですが、そんな大きい規模で考えられる人もそう多くはありませんし、実際にこの記事を見に来た人は副業をしたくて見に来てる人が大半だと思います。

 

あなたに新しいビジネスモデルを創れと言っているのではなく、稼げる仕組みはパクって、あなたが独自に売れるコンテンツを創造しましょうといっているのです。

例えばブログやYoutubeで広告収入を得たいと思っても、ブログに載せる記事やYoutubeにアップする動画の内容を既にほかの人が書いたり撮っているものを全く同じものを作っても、意味がないのです。

なぜ意味がないか。

 

とある方の言葉にこんな言葉があります。

人々が今日驚いたことは、明日は当たり前になる。
人々は、昨日驚いたことで今日は驚かない。

考えてみれば当たり前のことですが、コンテンツをまるまるパクっても、

すでに見たことがあるものだから人々は反応してくれません。

だから同じものを作っても意味がないのです。

コンテンツの作り方

なにかを創るときは、自分の知識と自分のアイデアを掛け合わせて創ります。

自分の知識というのは今まで自分が生きてきた中で培われた外部から取り入れた知恵です。

 

つまり自分の知識というのは外部に合った情報なのでほかのみんなもの知っているということになります。

そこに自分なりのアイデアを足すことで新しいものへと生まれ変わります。

 

これが新しいものを創るということです。

収益化できる副業ノウハウを知りたい方はご連絡ください!

本気で稼ぎたい方のみご連絡ください! ご連絡の条件として以下をクリアできる人だけ連絡してください。

  • 本気で稼ぎたい人
  • 通話可能な人
友だち追加